しいたけどん
○体験期間: 平成28年10月1日(土)〜11月27日(日)予定
         10:00〜16:00
         ※火曜日定休
         ※椎茸発生の状況により期間変更、また希望日にご予約できない場合があります

○場   所: あわじ花山水 園内ハウス
         (洲本市千草戊60 竹原貯水池上流)

○料   金: ★入園料 無料 (無料駐車場、トイレあり)
         ★体験料 1かご 1,000円(約300g入)
           大人・小人の区別なし (超過は100g250円で販売可能)
          ♪1かごを複数人で詰めることもできます♪
         ★七輪(炭火)での網焼き(別料金) 300円/名

○申込方法: 〔限定生産のため完全予約制〕
         電話・FAX・メールで下記のことをお知らせください。
           *代表者氏名・連絡先・入園者数・収穫かご数
         
         電話・FAX 0799-22-7300(受付時間9:00〜20:00))
      Eメール  mizuta@awajihanasansui.Com


○その他体験:★バーベキュー (詳しくは「バーベキュー」ページをご覧下さい。)


○お土産など: 椎茸、苔球、流木、飲み物など

 こだわり続けて三十数年、原木栽培によるしいたけ作りをしています。源流の郷、竹原の澄んだ水と空気のなか、あわじ花山水・水田さんちの「しいたけどん」は健やかに育ち、肉の厚さが自慢です!

季節限定
しいたけ狩り体験

【予約制】

 大自然からの贈り物。原木栽培のしいたけを収穫してみませんか♪

 近年、しいたけの「原木栽培」は重労働であることから敬遠され「菌床栽培」が主流となってきています(スーパーでの販売はほとんどが「菌床しいたけ」です)。
 それでも、当園では食感、美味しさにこだわり、昔ながらの「原木栽培」で"ほんまもん”の椎茸を作り続けています。自然育ちの椎茸は肉厚コリコリ、料理に使ってもほぼ、ふにゃふにゃにはなりません。椎茸嫌いの方でもこれなら食べられる!美味しい!とよく食べていただいています。
 ぜひ、体験を通して自然界で育つ椎茸を知ってください。
 ”ほんまもん”の椎茸を知ってください。
 
また、収穫はハウスの中、炭火焼も屋根の下ですので雨天でも体験ができます。

 
便利な『スライス干し椎茸』
    
(左)『贈答用生しいたけ』(化粧箱入り)
こちらはお歳暮に大人気です!
    
「生しいたけ」「干ししいたけ」「贈答用しいたけ」・・・金額・量など、ご要望に応じます(但し、自然発生のため収穫量に限りがありますのでご要望に添えない場合がありますがご了承ください)。

ご注文はお電話・FAX・e-mailで承ります。
    

写真はイメージです

 植 菌 体 験 (2月頃)

【植菌体験】お一人様 500円程度/数本

 しいたけどん、おすすめの食べ方は、ずばり「焼きしいたけ」!椎茸そのものの味を味わえます。トースターやフライパンで焼くだけでOKです。
【食べ方】
その1.そのまま焼いて、ポン酢やレモンをかけて食べる。
その2.塩コショウを少々振りかけ、焼いて食べる。
注意! 焼く時は傘を下にして(裏返して)汁がこぼれないように!
○焼き上がり・・・しいたけからジュワッと水滴が出てきたら食べ頃です。
 
 原木育ちのしいたけは肉厚でキノコと思えない
コリコリの歯ごたえジューシ〜さが自慢です!
 ぜひご賞味ください。
しいたけどんが育つまで(栽培過程)

もちろん無農薬だよ♪

←まさに生まれたてのしいたけ!  

B原木の様子を見て水分補給します。 
    ↓
C【秋〜冬】(2年前に)植菌したキノコがポコポコと顔を出します(いよいよ収穫)

A菌を入れ終わった原木はハウスやホダ場に約1年〜2年間伏せこみます
@【冬・2月頃】クヌギの原木にドリルで穴を開け、1個ずつ菌を入れていきます。  
しいたけどんを食べてみよう
○味わい方

スーパーなどで売っている椎茸商品には、『原木(栽培)』、『菌床(栽培)』と表示がされていますので、購入の際、注意してみてください☆
食べ比べてみるのも面白いかもしれませんね。

ハウスの中なので 雨でも大丈夫♪ 地面にはシートを 敷いてあるので 靴の心配不要!

ドリルで原木に穴を開けて、菌を埋め込みます。

(写真はイメージです)

お鍋で煮てもコリコリ♪

あわじ花山水 所在地:兵庫県洲本市千草戊60    Tel/Fax:0799-22-7300

【TOPへ】